ここが素晴らしい!ブラジルの良いところ6選!

ブラジル

こんにちは!
早いことで、もうブラジルに来てから一年以上経ちました。
ということで、今回はブラジルの良いところをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ブラジルの良いところ①物価が安い

「ブラジルの物価が高い」

という旅人が意外と多いです。が!私はそうは思いません。
日本からブラジルまで行くような方々は、南米の諸国を旅する人が多いので、そう感じるのかもしれませんが、日本と比べるととても安いです。

特に、食べ物、洋服、光熱費などです。
食べ物は1000円もあれば、市場で両手に持ちきれないほどの野菜が買えます。
さらに、日本だと少々お高めの健康食品(チアシードやココナッツオイルなどなど)もお手頃価格で手に入ります!
また、洋服なども激安で購入できます。(コピーのものも多いですが…)

スーパーマーケットについて
大公開!!ブラジルのスーパーマーケット

市場について
ブラジル来たならフェイラに行こう!!


外食などは、ピンからキリまでで、ガイドブックに載っていたり、駐在員の方々に人気のお店は、庶民の行くお店の3倍くらいしたりします。
庶民的な大衆食堂のような場所だと500円くらいで日本の倍の量のランチが食べれます。

唯一高いのが、電化製品と車です。
ただ、めったに買うものではないので、あまり心配いらないかな?と思います。

スポンサーリンク

ブラジルの良いところ②あたたかい

ブラジルは大きいので、もちろん地域によりますが、私の住んでいるサンパウロは平均的に暖かいです。
日本の5月から10月くらいの気候が一年間続くような感じです。サンパウロの冬である7月でも、晴れの日ならTシャツ一枚で出かけることができます。

日本のように夏用・冬用と用意しなくていいので、物が半分になるのもいい点ですね!

また、雨が降っても日本のようにジメジメせずに、気温が下がります。
なので、晴れの日が続いた後の雨は良いクールダウンになって気持ちがいいです。

スポンサーリンク

ブラジルの良いところ③ブラジル料理がおいしい

ブラジル料理はシンプルで豪快なものが多いです。代表的なものは、もちろんシュハスコ!ブラジリアンバーベキューです。
はじめは、「おいしい」「まずい」というより、食材&塩の味。と思っていたのですが、ブラジル料理はシュハスコだけではありませんでした。
ブラジルでは、食べ放題やセルフサービスの量り売りがとても一般的なので、ブラジルに行く際はぜひ色々とためしてみてください!
どれも、日本人にも食べやすい味でおいしいです。
これは外せない!!ブラジル料理6選!!


脂っぽかったり、しょっぱいと感じるものもありますが、そういう時はブラジルのトロピカルフルーツでおいしくさっぱりしてください!
ブラジルなら、マンゴー、パパイヤ、スイカ、メロンも食べたいだけ食べられます!!

スポンサーリンク

ブラジルの良いところ④人目を気にしない

ブラジル人は、日本人のように一目を気にせず、自分の着たい物を着ます。
太っていようが、やせていようが、似合ってなかろうが関係ありません。

私も、この”スタンダードがない”というスタンスが好きです。
おかげで、どんな洋服でも出かけられるようになってしまいました。ジムに行かない日もレギンス、熱い時はショートパンツ。
何を着てても大丈夫です。

また、車も日本のように手入れが行き届いていないことが多いです。
目を疑うような、ボロい車や古い車が走っています。

スポンサーリンク

ブラジルの良いところ⑤外国人でもなじめる

ブラジルは多民族国家なので、見た目で外国人かブラジル人かの判断はほぼ不可能です。
私もよくブラジル人だと思われます。

そのため、いい意味でも悪い意味でも街に溶け込めます。
外国人だということで気を使われることはありませんが、よそ者扱いされることは決してありません。

特別扱いされないことは、とても気が楽でリラックスできます。

スポンサーリンク

ブラジルの良いところ⑥明るいブラジル人

ブラジル人にとって、最大で唯一と言ってもいいマナーが”明るくフレンドリーに接する”ことです。
そのため、はじめて会う人であろうか、言葉が通じなかろうが、満面の笑みとハグで向かい入れてくれます。

はじめは戸惑いますが(今でも)、不愛想にされたり、よそよそしくされるより何倍もいいですよね!

おかげで初めて会う人ばかりのパーティーでも嫌な思いはせずに済みました。

いかがでしたか?
ブラジルの良いところが伝わりましたか??

こういう点は、日本に帰ったら恋しくなるだろうなと思います。

コメント