知ってればもっと楽しめる!リオのカーニバル!

ブラジル-旅行

こんにちは!
先日、リオのカーニバルを観戦していきました!!もう、最高です!
f:id:jpcaaubr:20200308073912p:plain

皆さん、リオのカーニバルは、ただ踊り狂えばOKだ♪

と思っていませんか?実はそんなの大間違い!
会場で行われるサンバは競技会。歴史やルールなど色々あります。

私達からすると、カーニバル=リオのカーニバルですが、ブラジルでは、どうやらみんなでサンバなどの音楽で踊りながら楽しむイベントがカーニバルと言うようです。

という訳でカーニバルは、ブラジル全土で街中で行われています。

そうは言っても、リオのカーニバルは別格。

上に記したように、競技会です。もともとは、他のカーニバルと同じように街中で行われていましたが、競技会となり現在はSambódromoで行われています。

この競技会の準備は、何カ月も前から準備が始まります。
まずは、テーマを決めて、音楽を作り、山車や衣装を作ります。

そうなんです!
山車衣装も競技会のために、毎年作られるのです!!

歌なんて、会場のお客さんもみんなで歌っていたので、てっきり有名な曲かと思ったのでびっくりでした!

それに、衣装も豪華だし、山車もすっごく大きいんです!
山車なんて、中には水槽とか噴水が取り付けてあったり、スクリーンがついていたりするほど、豪華なんですよ!!

f:id:jpcaaubr:20200308074745p:plain
f:id:jpcaaubr:20200308074612p:plain

もったいない・・・笑

すごい労力だなと思いました。

そしてテーマは、有名な歴史上人物だったり、環境問題だったり、歴史だったり色々です。
歌も衣装もそのテーマに合わせて作られます。

動物の衣装だったり、山車の上でサーカスが行われていたり、キリスト像が登場したり、パフォーマンスのストーリー性を感じるのもなかなか面白かったです。手が込んでるんですよね~また。

f:id:jpcaaubr:20200308075127p:plain
チームの先頭には、大抵、テーマを表すようなお芝居が組み込まれています。

さらにチームによってチームカラーや衣装の特徴もあるようです。
メインパレードの時は、パフォーマンスが始まる前にチームカラーの旗も配られました。
(お金持ってるな~と思いました。笑)

 

さて、ではどんな風に

採点されているのか

ご紹介します♪
10個のカテゴリーで採点されます。

ドラム
テーマ曲
ハーモニー
一体感
全体の流れ
テーマ
山車と小道具
先導者
騎手

あれ?公式ページを参考にしたのに9個しかなくないか?笑

という訳で、こちらのブログを参考にさせ頂きます。ありがとうございます。
https://tattykun.com/worldplace-5/

採点項目はこちら↓↓

①Bateria
打楽器の演奏(バテリア)
②Samba-Enredo
テーマ曲の歌詞とメロディー(サンバ・エンヘード)
③Harmonia
全体の調和(アルモニア)
④Evolução
全体の流れ(エヴォルソン)
⑤Enredo
パレードのテーマ(エンヘード)
⑥Conjunto
一体感(コンジュント)
⑦Alegorias e Adereços
山車と装飾(アレゴリアとアデレッソ)
⑧Fantasias
衣装(ファンタジア)
⑨Comissão de Frente
パレードの先導(コミソン・デ・フレンテ)
⑩Mestre-Sala e Porta-Bandeira
旗持ち女性とリードする男性(コストレ・サーラとポルタ・バンディラ)

各カテゴリーで4人ずつの審査員がいて7~10点の間で採点されます。
(夫に「何で1~3点じゃないの?」と尋ねたところ、「10の方がキリがいいし、満点ぽくて嬉しいじゃん♪」とのことです。笑)

他のルールとして、

・1チーム約2,000人〜4,000人
・打楽器は最低200人以上
・アレゴリア(装飾された山車)は8台〜12台
・制限時間1チーム65分以上〜80分以内

があるようです。

 

行く前にもうちょっと調べておいたらよかったな~と思いました。
今度、行く方の参考になれば、と思います。

こちらの公式ページを参考にしました。上記以外にも、サンバについて詳しく書かれているので、英語(またはポルトガル語)がわかる方は、ぜひ目を通してみてください♪

RIO-CARNIVAL.net | Samba Parade

リオデジャネイロについてもっと知りたい方は↓もどうぞ!

レポート!リオをさらに楽しむ⑩のポイント!
〔リオデジャネイロ〕コルコバードの丘への行き方
体験レポート!リアルなリオのカーニバルのあれこれ!


コメント