ブラジルの結婚式の裏側、大密着!

ブラジル-文化

先日、夫のいとこの結婚式に参列してきました!

結婚式レポートはこちらから↓
www.yukkamizu.com

暇人な私達は、準備もちょこっとお手伝いしたので、今回は結婚式の裏側をシェアしようと思います。

~準備編~

ブラジルの結婚式は、日本よりバリエーションの幅が広いようで、レストランなどで行うカップルもあれば、会場だけ借りたり、広いお家の人は家でパーティーしたりと人それぞれ・・・

そんな中、いとこ家族のした選択は、会場と料理人、ウェイターを依頼し、食材などはこちらで準備
一見、節約も出来るし、「なるほど〜」と思いましたがこれが意外と大変だったのです。

どういう分担だったのかは知りませんが、こちら側の家族の担当は食事。また、花嫁達は他の準備も色々あるので、お母さんの全面協力です。

~結婚式1ヶ月前~

ある日、家に遊びに来た夫のおばさん
『結婚式の買い出し行くから手伝って!』

おばさんは、料理人とケーキ屋さんから渡された食材一覧を片手に登場。

みんなで、大型スーパーへ買い出しに行きました!(保存がきくもの)

すっごい量でしたが、おばさん曰く2回目の買い出しだったようです。

その後、ケーキ屋さん(友人)に食材を届けると何やらボウルや鍋をいくつか借りている・・・

そうなんです!
会場はオープンキッチン付きですが、キッチン用品は持ち込み!!

というわけで、大きい鍋やボウルなどを色んな所かかき集めなきゃいけないようです。

大変だ〜!!!

~結婚式前日~

『フェイラ(市場)行くよ!』
と実家に来る花嫁。(既に花嫁実家にお邪魔しておりました。)

野菜や果物はスーパーよりフェイラの方が安く手に入るのです。フェイラは毎日どこかで開催されていますが、その町会では週に一回しかありません。なので、花嫁は前日に花嫁宅付近のフェイラに行くと決めていたようです。

しかしながら、外は大雨。
『明日の早朝にこっちの家の近くのフェイラに行ってあげるよ』
と夫。
しかし、もし間に合わなかったら、とか欲しい野菜がなかったらとか色々不安もある花嫁。お母さんと大雨の中、買い出しに出かけました。

絶対、次の日でも大丈夫だったと思うけど、不安になるのは当然だし、かわいそうな事したなと思います(^^;;

~結婚式前夜~

まだまだ準備は終わりません。
夜になると、新郎新婦揃って大きな荷台の車で登場!

そうです。食材から鍋など全ての物は、花嫁実家にあります。

車への搬送作業開始です。
危うく、冷蔵庫で保存中のものを忘れそうになるハプニング付き・・・

夜まで大変・・・・

~結婚式当日。朝!~

結婚式の際に人前式をやりますが、それは日本同様パフォーマンスのようなもので、法的(宗教的?)な手続きも必要です。

というわけで、朝6時から教会へ!
(私達は朝早すぎる為断念しました。笑)

~結婚手続き完了後!~

帰宅後、朝ごはんを食べてのんびり〜とはいきません。

前日、車に積んだ物をパーティー会場へ搬送

ちなみに、花嫁母はその後、料理担当者から足りないものの電話が入り、また会場へお届けしに・・・

しかも足りない物がけっこうあって、私達もお手伝いしました。
(1人だったら大変だったろうな・・・)

~着替え&お化粧タイム~

この結婚式は会場だけ借りているので控え室はありません。
ブラジルではお家にヘアメイクさんが来るのも一般的なようで、ヘアメイクさんがお昼過ぎにやってきました!

花嫁も実家に現れ、みんなでおめかしタイムかと思いきや、

『車出して』
と花嫁から夫への指示が入りました。

お料理やお菓子作りが好きな花嫁は、料理を一品仕込んでお家に置いていたのです。という事でお家に帰り、仕込んだ料理を会場に届け、料理担当者にどう仕上げるか伝えてきました。

やっと、お家に帰って準備かな?
と思ったら、もう一軒寄り道・・・

なんと、スタイリストから
『ちょっと明るさ足りないから照明持ってきてくれるかしら?』
とメッセージが来ていたようで、彼女のお店?家?に寄ったのです。

いやぁ、流石ブラジル・・・・

~結婚式2時間前~

ついに、おめかしタイムスタート!!

これ、間に合うのかな?無理じゃないのかな?

と思いつつ、30分前には参列者は花嫁を残して家を出発。

そして、開始時間10分前くらいに着きましたが、まだあまり人は来てませんでした。笑。

ブラジルの結婚式はブラジリアンスタイルで遅刻OKでした!

それにしても、なかなか始まらない・・・

心の中で、
そりゃ間に合わないでしょうよ

と思っていました。笑。
後から知りましたが、花嫁が遅れるのは一般的で、むしろ最後に会場に着くものらしいです。

そして無事、1時間半遅れでスタート!

~結婚式翌日~

この食材、キッチン用品持ち込み制度は翌日も大変です。

なぜなら、全てのキッチン用品、余った料理、食材をお持ち帰りしないといけないから!!!
しかも、料理が足りなくならないように、すごい量の食材と料理が用意されていたので、余る余る・・・

車、パンパンに積んで2往復しました。
そして、帰宅後は鍋を洗う作業が待っておりました。
この作業が一番大変でしたね。汚れのこびりついた大鍋が何個も・・・

料理は冷凍庫+ご近所さんへ。
もう、お米と牛乳2ヶ月くらい買わなくていんじゃないかな?ってくらいありました。笑。

以上、ドタバタな結婚式の裏側をお届けしました!

花嫁のお母さんは
『はぁー、終わって良かった。』
とホッとしてました。

本当に、結婚式の間の一瞬しか、感情に浸る隙もなかったように思います。

コメント