ブラジルのクリスマスの定番スイーツと言えばこれ!

ブラジル-文化

こんにちは。
12月になり、サンパウロの街中も徐々にクリスマスムードが漂って来ました!!

という事で、ブラジルのクリスマスの定番スイーツをご紹介します!!!
その名もパネトニ!!!

パネトニってなぁに??

パネトニはイタリアの“Panettone”(パネトーネ)の事です。

ブラジルではパネトニと読みます。

日本でも少しずつ広まって来ているみたいなので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

パネトニはイタリア発祥のケーキで、パネトーネ種を使って発酵された生地にドライフルーツなどを混ぜ込んで作られたものです。
かわいいドーム型が特徴で、友人や子供に配ったりするそうです。

このパネトニ、11月頃から、

『これでもか!!!』

っていうくらいスーパーに山積みなっています。
f:id:jpcaaubr:20191210091749p:plain

本当に、すごい量・・・

f:id:jpcaaubr:20191210091856p:plain

また、伝統的なものはドライフルーツですが、チョコクリームやM&Mなど最近は何でもかんでも入れてOKみたいです。
やっぱり、みんなチョコレートは好きですしね。笑

パネトーネの歴史

そもそも、イタリアのお菓子なのに、なぜブラジルでそんなに流行っているの??

と思う方もいるはず・・・

それは、なにを隠そうイタリア系移民がものすっごく多いから!!!

1860年にイタリアからの移民が大量に来て以来、今ではブラジル最大のエスニックグループだそうです。
というわけで、イタリアの文化もブラジルにたくさん伝わってきました。

ちなみに、もうひとつブラジル人がイタリア料理と信じているフォガーサというものがあるのですが、

実はこれはイタリア移民が考えたイタリア風ブラジル料理です。笑

f:id:jpcaaubr:20191210092207p:plain

http://receitasdeminuto.com/como-fazer-fogazza-de-palmito/

ちなみに餃子の形をしたフライピザって感じで、美味しかったです。

パネトーネの由来は?

実は、パネトーネには色んな由来があって面白いんです。

いくつかシェアしたいと思います!

由来①イタリア語のpanettoから

イタリア語でpanettoでは「小さいパンケーキ」。

そして語尾に-oneを付ける事で「大きい」という意味になります。

なので、panettoは大きいケーキという意味です。

もはや大きいのか小さいのかわからない・・・

由来②ミラノの言葉で豪華なケーキ

由来ははっきりしないパネトーネですが、発祥地はほぼ間違いなくミラノだそうです。

そこから、ミラノの言葉のpan del ton(豪華なケーキ)から来たのではないかとも言われています。

由来③ トニーのパン(pane di Toni)

15世紀頃、パン屋の娘に恋をした青年が、父親トニーの信頼を勝ち取るためにパン屋で修業し、開発したのがパネトーネ。

そこからトニーのパンという意味のpane di Toniから来たというものです。

ちなみに、こちらが結構有力みたいです。

由来④トニーのパン(pane di Toni)パート②

こちらも同じくトニーのパンですが、こちらの由来はトニーさんが開発したというもの。

誤ってドライフルーツを混ぜ込んだ生地を焼いてしまったら、意外にも美味しくできた!というお話です。

どの由来が本当なのかはわかりませんが、こういう由来探しもなかなかおもしろいですよね!

ブラジルのクリスマスはすぐそこ!

まだクリスマスまでは日がありますが、ブラジルではもうクリスマスモードです。

ジムのクラスも年内はもうほぼ終わり、ショッピングモールにもサンタさんが来ています。

ブラジルはカトリックの国なので、日曜日はたくさんのお店が閉まっています。クリスマスの前後はどうなっちゃうのか今から不安です。

もしかして、スーパーなどもお休みか!?

また、クリスマスのおもしろ情報とかあったらシェアしますね!

コメント

  1. かすみ より:

    これ日本でも売ってる〜!カルディに!!この間行った時見たわ!

  2. ブラジル在住者 より:

    あらら パレトネ!パレトネ!て大文字で連発 残念過ぎる。
    早く治してくださいね。

  3. ゆかり より:

    そうそう、パレトニ とは言わないですよ。
    パネトニです!

  4. jpcaaubr より:

    ご指摘ありがとうございます!
    確かにスペル的に明らかにパネですね!!
    私の耳にはパレと聞こえていて、勘違いしておりました。お恥ずかしい・・・