ブラジルへの船便での悲劇

ブラジル

皆さんも、海外長期滞在の時、国際郵便て使いますよね??

今日は、私に起こった船便の悲劇をシェアしたいと思います。

結論から言うと、

関税に気をつけて!!!

小包を送る時は下記のは3種類の中から選びます。

  • 航空便
  • SAL便
  • 船便

簡単に言うと、高いけど早いのが航空便、安くて遅いのが船便、真ん中がSALって感じです。 SAL便は、飛行機にスペースあったら、あったときに載せますよってやつです。

詳しくは郵便局のホームページをご覧あれ

国際小包 - 日本郵便
一般的な物品を送るのに利用いただけます。料金、日数の異なる3通りの発送手段が選べます。

私は、カナダ留学帰りに船便を、オーストラリアワーホリ帰りに航空便(オーストラリアは船便がなかった)を使いましたが、なーんの問題もありませんでした。

今回はブラジルに荷物を送りたかったのですが、調べてみると船便は3ヶ月程度かかるとのこと・・・・

でも、なんせ遠いから、航空便は高いし、そうは言っても2ヶ月くらいで来るんじゃね?!^ – ^ってことで船便にしました!

しかし、この時は大事な事を忘れておりました。。。

関税・・・

だって、今まで取られた事なかったんだもん(T-T)

送ってから約3ヶ月経ち、そろそろかな?٩( ᐛ )وって追跡サービス見てみたんです。

そしたら、『通関手続き中』

とのこと。もうすぐだ(^^)とワクワクしてたら、届きました。こんな手紙が・・・

f:id:jpcaaubr:20190606112658j:image

(くちゃくちゃですみません(..))

内容は、

関税を支払う必要があるので、支払われるまでこちらで保管します。詳しくはWEBへ。

と言った感じ。言われた通り、ホームページで調べてみると、なんと、約4万支払えとの事。

なにー!!!!😱😱😱😱そんなバカな!そんな事あるはずがない。

ネットでみなさんのブログなど色々見て、わかったんです、私の過ちが・・

ブラジルの関税は補償金額の60%

Oh noooooooo😱😱😱😱

補償金額は書いた分だけ、なくなった時に補償してくれるはずと50000円って書いてました。

日本人でも4万て高いけど、こっちの人から見たら月給の半分くらいになるんじゃないか?!いっそ、日本へ送り返すか・・・

でも、諦めたくない!

みなさんも

諦めないでください!!!

信頼できるブラジル人(または、ポルトガル語ペラペラな方)に協力してもらってください!

まずは郵便局に電話を。状況説明します。

すると『そういうのは、ホームページからメッセージを送ってね。自分の物なら買った時の値段じゃなくて、中古になった今の価値でいいのよ。』とのこと。

早速ホームページへ。

正直言い訳なんて何もないよ〜、と焦る旦那に『送ったものは全て中古の洋服で価値はありません、的なこと書け』と指示!笑

一週間後、ホームページを見てみると、なんと!!!

関税0円に!あ、レアルか!

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️

再送料金15レアルだけの支払いになりましたー!

イェーイ!!!

そしてその一週間後、無事到着。

中身も全く問題ありませんでした。

しかも中身は洋服ではなく、お土産でした。あ、嘘八百書いてしまった。

ちなみに、洋服の箱はまだ届いていません。笑

追加:2019/6/25に遂に届きました!こちらも、高額の関税がかけられてましたが、メールで交渉したところ、免除となりました(^^)v

皆さんも海外への郵便は気をつけてくださいね(*´∇`*)

コメント